FXの基本中の基本

FXの基本中の基本

子供というのは医者のお世話になることが多いものです。年間通して風邪などの病気になりやすいことに加え、各種予防接種を受ける為に頻繁に医療機関に行くケースも少なくないです。

子供がかかる医療機関は小児科と呼ばれる小児専門の医療機関です。当然周りの患者たちもみんな子供なので、待合室に子供が退屈せずに遊べるスペースが作られている場合が多くなっています。子供にとっては小児科というのは絶対に必要な場所です。なので、できるだけ楽しく通えるように配慮されているのでしょう。

また子供を小児科に通わせる親御さんも、できるだけ遊ぶ場所がゆったり取られている小児科を選ぶ傾向があります。必要だからこそ小児科に行くわけですが、待合室でぐずられてしまうと大変だからです。子供自身も楽しい小児科の方が抵抗なく受診できるので、子供目線で作られている小児科の方が人気は高いものです。

佐野市の内科の医師自身も子供に受けのよい方だと、親御さんも安心して通わせることができます。

 

個人事業主の節税で大きく力を発揮するのが、『経費』

経費として落とせる対象には、食事代や家賃をはじめ、

光熱費、新聞費、インターネット代、備品の購入、

自動車税、駐車場代などなど、様々なものが経費の対象となります。

 

対象となるものをしっかり経費として計算するのは、

基本中の基本ですよね。

 

ただこういった経費の管理ってかなりめんどくさいのが、

本音のところではないでしょうか?

 

特に個人事業主の中には、サラリーマンという方も、

当然いるはずですので、そんな暇ないよ! という方も多いのではないでしょうか?

 

サラリーマン兼個人事業主は、基本的に忙しいはずですので、

そういった経費のことをしっかりと考えている余裕はありませんよね。

 

収入の金額にもよりますが、税金でのお悩みは、

まずは税理士に相談してみるのはいかがでしょうか?

 

丸亀 税理士のように、

無料で税金についての悩みを相談できる事務所もありますので、

税金について、分からないことがある方は一度相談してみてくださいね。

FXの最大の特徴である、元の資金よりもはるかに大きな取引が可能なるのは、この『レバレッジ』という仕組みがあるからです。

 

レバレッジは直訳すると『てこの原理』を意味します。

 

てこの原理は知っての通り、《小さな力で、大きな力を生み出す原理》です。

 

このてこの原理同様に、小さな資金源で、大きな取引を行うことから『レバレッジ』と言葉を使って呼ばれています。

 

実際にFXでは、“レバレッジが50倍”なんて言い方を使用しますが、これは証拠金に対して50倍の取引を行っていることを言っています。

 

ここで簡単に例を挙げながら説明していきましょう。

 

為替レートで、1ドル=120円とします。これを1,000ドル運用しようと思ったら、通常「120円×1,000」つまり日本円で12万円が必要です。

 

しかし、FXではレバレッジがありますから1,200円で12万円分の1000ドルを運用できるのです。

 

なぜ10分の1の値段で資金運用ができるかというと、それはレバレッジが10倍だからです。

 

会社によってこのレバッレジ倍率はレバレッジはまちまちですが、50倍〜100倍に設定されていることが多く、中には200倍なんていう会社も存在するようです。

取引通貨ペアとは売買する2国通貨の組み合わせを言います。

 

FXは、ほかの外貨投資に比べて取引通貨の種類が圧倒的に多いところが特徴で、つまりは、取引通貨の種類が多いということは、為替の変動も多種多様といえ、金利も高いものから低いものまで様々ということです。

 

通貨の種類が多いということは、利益の見込めそうな通貨への投資ができるのでチャンスが豊富にあるので、スワップポイント利益獲得のチャンスが増えると言えます。

 

FX取引で主な通貨と言えば、アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、カナダドル、ニュージーランドドルあたりがメインで扱われていますが、スイスフランや中国元など、それ以外の通貨を多彩に扱っている会社も多いです。

 

FXに慣れてくると、円と外貨の組合せだけでなく、外貨同士の組合せでペアを組んで更なるハイリターンを得たりすることも可能になります。

 

ですから、外貨と組み合わせの特徴をしっかりと把握さえすれば、様々な通貨で多種多様な組み合わせができるため、利益を手に入れるチャンスを確実にし、賢い増資ができるようになります。

FXではお金を「証拠金という」形で担保として利用者からFX業社が預かります。

 

お金を担保にお金の売買を行う...。少しおかしな感覚ですが、実際に業者に預ける担保のお金は取引額の何十分の1です。

 

この証拠金を会社に預けた時点で、預けた証拠金に対して何十倍の取引ができるようになります。

 

証拠金にはいくつかの種類があって、業者によっても呼び方はさまざまで、業者によっては『証拠金』ではなく『保証金』と呼ぶところもあります。

 

・有効証拠金・実質保証金:レバレッジ倍率を算出する際の保証金で、使用中の証拠金を含め使用可能な証拠金の総額になります。

 

・維持証拠金・必要保証金:ロスカットが行われる金額を示したもので、ポジションを維持する為に必要な証拠金になります。

 

・追加証拠金:維持証拠金に対して不足分金額を示し、取引業者から追加で請求される証拠金になります。

 

・最低証拠金:口座開設時に必要になる証拠金で、全額を証拠金として使用することが出来ますが、口座開設費用として位置づけられています。

 

・証拠金残高:取引口座残高で、取引によって得た損益のうち受け渡しが完了している金額、使用中の証拠金も含まれます。

 

・余剰証拠金・使用可能保証金:証拠金残高のうち、使用中の証拠金を除いた金額で、新規取引を行う為に使用できる証拠金になります。

投資は、自分の資金を投資先に預け、将来のある時点で投資した資金よりも多くの金額が戻ってくることを期待するものですが、まずはFXで投資によって利益を獲得する前に、自分の生活を送るだけの資金に余裕がなければなりません。

 

あたりまえのことですが、投資は利益だけでなく、当然リスクも伴うものなので、総収入の中から生活に必要な資金を確保して自分の生活を余裕をもって送れる状態で始めなければ、投資で利益を出す前に生活が破産してしまうことも考えられます。

 

そして「いつまで」に「どのくらい」お金を増やしたいか、「いくらまでなら損害がでてもいいか」、目標のためにいくらまで投資できるのかを決めておく必要があります。

 

投資期間と到達額をしっかり決めておかないと、人間は欲の深い生き物ですから、目標のために得た利益が「まだ利益がでるかもしれない」と、やめ時を見失い大損をしてしまうケースも少なくないです。

 

賢く利用するなら、自分が決定した期間内で得た利益、または目標の額に達した時点で、自分の夢にキッパリと意識を向け直すことが大切です。

FXという言葉で『外国為替証拠金取引』という言葉を表していますが、そもそも外国為替とはなんなのでしょうか。

 

為替に関する言葉で「外為」「Forex」「FX」と様々な単語がでてきますが、実はこれらの言葉は全て『外国為替』を表しているものです。

 

異なる通貨を交換する取引のことを「外国為替」と呼びます。通貨の交換は、「為替市場」という所で取引されています。

 

果物や魚介類などが取引される「市場(いちば)」と同じように、通貨という商品が売られている所が「為替市場(かわせ しじょう)」になります。

 

実は、この為替市場は実在するものではなく、電話やインターネットなどにより情報として交換されている所になります。

 

「為替」とは元来、“遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる”為のもので、実際の現金を取引するのではなく、情報の交換によって取引されるものです。

 

この“為替の取引”を身近な例で言えば、「電子マネー」がまさに為替取引の原理をシンプルにしたものだと言えます。

 

電子マネーの場合は、商品の対価として電子マネーがしが金額の取引になりますが、外国為替の場合は、価値の異なる通貨の交換になることです。

最新ニュース

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • 脱毛ラボ
  • 銀座スキンクリニック

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 『FX』の意味とは 投資の基本 証拠金の基本 通貨ペアの基本 レバレッジの基本